コンテンツ一覧へジャンプ
和歌山県新宮市
メールを送る サイトマップ トップページへ
市政情報
観光情報
くらしの情報
事業者向け情報
Billingual
ENGLISH
中文
Korean
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップ部署一覧保健センター
保健センター
p. 1/1
既定
日付 検索
予防保健の拠点施設として『自分の健康は自分でつくる』という意識の高揚といきいきと元気に生活できることを願い、乳幼児から高齢者にいたるすべての人々が利用できる施設になっています。
和歌山県では、28年度の献血状況について、献血者の内73.6%が400ml献血です。

輸血の安全性と効果を高めることができる400ml献血や、成分献血からつくられる輸血用血液の需要が高まっています。
少人数の血液で輸血量を賄うことで、患者さんの副作用を軽減することができます。
12月及び年末年始の休日救急当直医療機関のお知らせ

身近にできる健康管理
〜高血圧、見て見ぬふりしてませんか?〜
新宮市では、毎月保健センター、佐野会館にて健康相談を実施しています。
小学6年生のお子さんを対象に2種混合2期の予防接種が始まっています。
募集!!
新宮市国民健康保険ご加入のみなさまへ(40〜74歳までの方)
和歌山県は全国的にみて【がんによる死亡率】が高い状況です。がんは、早く見つければ治る確率が高くなります。そのためには、まず【がん検診】を受けることが大切です。新宮市では平成27年度がん検診で17名の方のがんが発見されています。
新宮市保健センター事業の年間日程を掲載します。
 市では、指定難病、小児慢性特定疾病等の認定を受けた市民の方(小児の場合、保護者も含む)に対し、当該疾患の治療を目的とした入院・通院に必要な交通費を月額5,000円を限度に助成しています。自家用車利用の方も適応できますのでご利用ください。

※身体障害者手帳を所持し、鉄道運賃の割引対象者の方は該当しません。
※支給の申請は、交通費の発生した日から1年以内です。


今年もノロウイルスによって、感染性胃腸炎を起こす方が増加しています。

十分な体調管理・手洗いなどの予防が重要です。
一笑健康しんぐうとは...
 「高齢になってもいきいきと生活ができ、住み続けたい」ということは、誰もが抱く思いであり、目指す姿です。市民が生活習慣病を予防し、寝たきりや認知症にならずに、いつまでも社会参加ができるよう、新宮市では、市民の皆さんと一緒になり、一人ひとりの健康意識を高め、生涯にわたって健康づくりを推進していきます。
体が硬いから私には無理かも。
仕事があるためレッスンに行く時間・暇がない。
家事・育児に追われて、自分の時間が持てるのは夜だけ。
ヨガは気になるけど、なかなか手が付けられない。

そんな初めての方向けにリラックスヨガのレッスンを開催します!!
新宮市健康づくり地域推進員会主催で、健康講演会を開催します。

今回は、テレビでもよく聞く「タニタ食堂」(株)タニタヘルスリンクの管理栄養士をお呼びし、
「タニタ食堂で提供している献立作りのコツ・実践のテクニック」「外食やコンビニエンスストアの活用術」
についてお話し頂きます。

みなさまのお申し込みをお待ちしております。
国から通知のありました、「がん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針の一部改正について(平成28年2月4日付け健発0204第13号)」に基づき、平成29年度からの新宮市の胃がん検診を、下記のとおり変更することに向けて準備しています。
新宮市では、新宮市在住のお子さま対象に、下記のとおり健康診査を実施しています。
健診は、お子さまの成長や発達の上で心配ごとや病気がないかなどうかがいながら、お子さまにあったアドバイスをする場です。子育ての中で、わからないこと、不安なこと、心配なことなどがありましたら、お気軽にご相談下さい。
来年小学校に入学される年齢のお子さんを対象にMR2期の予防接種が始まっています。
新宮市保健センターは、健康日本21(第2次)新宮市版「一笑健康しんぐう」計画を平成26年3月に策定しました。
その中の「食生活・身体活動」の分野において、関係機関と連携しながらラジオ体操などの機会を増やし、
身体活動を楽しく実践できるよう取り組んでいるところです。

ぜひこの機会に始めてみませんか?
新宮市熊野川歯科診療所は、熊野川町日足の熊野川行政局4階にあります。
歯科診療所がない熊野川町地域に歯科医療を提供するため、市が開設し、診療を民間の歯科医師に委託している診療所です。

身体に疲れはたまっていませんか?
心身の疲れをとるためにはバランスの良い食事や心身のリフレッシュの他に「質の良い睡眠」をとることも重要です。
あなたやあなたの家族の睡眠について、すこし見直してみませんか?
新宮市では、少子化社会の中、子どもを産み育てたいと切望するも不妊や不育に悩むご夫婦に対して、一般不妊治療に要する費用の一部を助成します。
新宮市国民健康保険では、「高齢者の医療の確保に関する法律」に基づき、平成25年度から平成29年度までの第2期特定健康診査等実施計画を策定しました。
健康づくり計画の一環として、正しい食習慣に関する知識の普及を目的に、市民が家庭で実践している健康によくておいしい食事のレシピを紹介します。
健康づくり計画の一環として、子どもの偏食を減らすことを目的に、家庭でも簡単に作れる野菜を取り入れた学校給食の人気メニューのレシピをご紹介します。
食生活改善推進協議会は、食を通して、地域の健康づくり活動を行っています。
このメニューは、「よい食生活をすすめるための講習会」でご紹介した乳製品を使った工夫料理です。
 私たちは今、日々大きく変化する社会の中で暮らしています。
 様々な情報が飛び交い、競争が激しく、人間関係も複雑化し、様々なストレスを生み出しています。ストレスもうまく付き合わないと、こころや身体にひずみを生じ病気へと進行してしまう場合があります。
急な病気はもちろん、健康のこと、医学や医療のこと、いろいろ些細なことも気軽に相談できる「かかりつけ医」を持ちましょう。
子どもの流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)及び大人の風しんの予防接種費用の一部助成を行っています。対象者及び申請方法については次のとおり。
子どもが急病になったとき・・・
すぐに病院に行ったほうがいい? それとも翌朝まで様子を見ても大丈夫?
判断に迷ったら、下記のサイトや相談ダイヤルへ。 
p. 1/1
既定
日付 検索
保健センター