和歌山県新宮市
各課について サイトマップ トップページへ
市政情報
観光情報
くらしの情報
事業者向け情報
Billingual
ENGLISH
中文
Korean
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップ観光情報お祭り・行事三輪崎の鯨踊り
 
2016年6月13日 更新
印刷用ページを開く
三輪崎の鯨踊り
三輪崎の鯨踊り
市内三輪崎は、熊野灘に面する漁港で、ここに伝わる鯨踊は別名を「捕鯨おどり」 ともいい、鯨をとる様子を踊りに仕立てたものである。約300年前、当時この地の領主水野氏が、京都の公家に鯨の肉を献上した際に鯨おどりとして整えたといわれている。以来、三輪崎八幡神社の例大祭に大漁を祈って披露される。(9月中旬) 昭和42年1月、市の無形民俗文化財、昭和49年12月、県の無形民俗文化財の指定を受け、三輪崎郷土芸能保存会によって伝承されている。
鯨踊りを含む熊野灘の捕鯨文化に関するストーリー『鯨とともに生きる』が平成28年度日本遺産に認定されました。
三輪崎の鯨踊り
三輪崎の鯨踊り
本文終わり
ページのトップへ
商工観光課
〒647-8555 和歌山県新宮市春日1番1号
Tel: 0735-23-3357
E-Mail: こちらから