和歌山県新宮市
各課について サイトマップ トップページへ
市政情報
観光情報
くらしの情報
事業者向け情報
Billingual
ENGLISH
中文
Korean
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップくらしの情報文化・図書館景観保全地区に関する手続きついて
 
2015年3月11日 更新
印刷用ページを開く
景観保全地区に関する手続きついて
景観保全地区内で工事や看板設置、伐採等を行う場合の手続きをご案内します。
1.景観保全地区とは?
 景観保全地区とは、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の景観を守るため遺産の周囲に設けられている区域で、世界遺産の緩衝地帯(バッファゾーン)とも呼ばれています。

 新宮市には、下記の5か所の景観保全地区があります。
@千穂ケ峯景観保全地区  (熊野速玉大社と権現山の周囲)
A阿須賀景観保全地区   (阿須賀神社と蓬莱山の周囲)
B高野坂景観保全地区   (熊野参詣道「高野坂」の周囲)
C大雲取小雲取景観保全地区(熊野参詣道「大雲取越・小雲取越」の周囲)
D伊勢路景観保全地区   (熊野参詣道「万歳道」の周囲)
E大峯奥駈道景観保全地区 (大峯奥駈道の周囲)

熊野参詣道大雲取越と周辺景観
★新宮市の世界遺産と緩衝地帯の場所はこちら★
2.景観保全地区の規制とは?
 以下のことを行おうとする場合は、市長の許可を受けなければできません。
@建築物や工作物の新築・増築・改築、または外観の色彩の変更
A看板などの広告物の設置、または形や色彩の変更
B土地の形状の変更
C土石の採取または鉱物の採掘
D水面の埋立て
E木竹の伐採
〜それぞれ「許可される基準」がありますのでお問い合わせください〜
3.許可申請書について
申請書の様式は、下記からダウンロードできます。
必要事項を記入の上、1部ご提出ください。
●申請書のほか、必要な添付書類
・事業計画書
・付近見取り図と写真(位置図と現況写真)
・工事仕様書
・立面図、平面図、断面図など
PDFファイルはこちら
(keikanyousiki.pdf: 49k)
ダウンロードファイルはこちら
(yousiki.rtf: 130k)
本文終わり
ページのトップへ
文化振興課
〒647-8555 和歌山県新宮市春日1番1号
Tel: 0735-23-3368
E-Mail: こちらから