和歌山県新宮市
各課について サイトマップ トップページへ
市政情報
観光情報
くらしの情報
事業者向け情報
Billingual
ENGLISH
中文
Korean
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップくらしの情報医療・健康献血のお願い
 
2017年12月12日 更新
印刷用ページを開く
献血のお願い
和歌山県では、28年度の献血状況について、献血者の内73.6%が400ml献血です。

輸血の安全性と効果を高めることができる400ml献血や、成分献血からつくられる輸血用血液の需要が高まっています。
少人数の血液で輸血量を賄うことで、患者さんの副作用を軽減することができます。
◎次回予定

(日時)平成29年12月18日(月)

      9:15〜11:00午前の部

(場所)東牟婁振興局西側車庫内

 

◎次々回予定

(日時)平成30年1月26日(金)

      午前の部  9:00〜12:00

      午後の部 13:00〜16:00

(場所)新宮市福祉センター前

    (主催)新宮市ライオンズクラブ

 
○献血基準
献血の種類 全血献血 成分献血
200mL献血 400mL献血 血しょう成分献血 血小板成分献血
1回献血量 200mL 400mL
600mL以下
(循環血液量の12%以内)
400mL以下
年齢 16歳〜69歳*
男性17歳〜69歳*
女性18歳〜69歳*
18歳〜69歳*
男性18歳〜69歳*
女性18歳〜54歳
体重
男性45Kg以上
女性40Kg以上
男女とも50Kg以上
男性45Kg以上
女性40Kg以上
最高血圧 90oHg以上
年間献血回数
男性6回以内
女性4回以内
男性3回以内
女性2回以内
血小板成分献血1回を2回分に換算して
血しょう成分献血と合計で24回以内
年間総献血量
200mL献血と400mL献血と合わせて
男性1,200mL以内・女性800mL以内
――――――――― ―――――――――
 
*65歳から69歳までの方は、60歳から64歳までの間に献血の経験がある方に限られます。
 このほか血色素量や血圧などの基準もあり、血液事前検査の結果によっては献血にご協力いただけないことがあります。
○注意事項
3日以内に出血を伴う歯科治療を受けた方
4週間以内に海外から帰国(入国)した方
1か月以内にピアスの穴をあけた方
・エイズ検査が目的の方
6か月以内に下記に該当する方
 (1)不特定の異性または新たな異性との性的接触があった
 (2)男性同士の性的接触があった
 (3)麻薬、覚せい剤を使用した
 (4)上記(1)〜(3)に該当する人と性的接触を持った

今までに下記に該当する方
 (1)輸血(自己血を除く)や臓器の移植を受けた
 (2)ヒト由来プラセンタ注射薬を使用した
 (3)梅毒、C型肝炎、マラリア、シャーガス病にかかった


以上の項目に該当される場合は、献血される方と患者さんの安全のために献血をご遠慮願っています。

献血の際まれに次のような事がおこることがありますのでご了承ください。

・皮下出血(針痕のまわりが青くなる。)
・気分不良(緊張、不安感、空腹感等が要因となることがあります。)
・ごくまれに神経に触れることがあります。(指先まで響くような痛みがあったり、針を刺した時の痛みが続く。)

上記以外にも献血される方や患者さんの安全を確保するため、検診医が献血をご遠慮いただくことがありますので、
ご了承ください。

○献血間隔
次の献血まで十分間隔をあけてください。

    \今回の献血
次回の献血 \
血しょう成分献血 血小板成分献血 400mL献血 200mL献血
血しょう成分献血 男女とも2週間後の同じ曜日から献血できます
男女とも8週間後の
同じ曜日から献血できます
男女とも4週間後の
同じ曜日から献血できます
血小板成分献血
400mL献血
男性は12週間後、
女性は16週間後の
同じ曜日から献血できます
200mL献血
 
*血しょうを含まない場合には、1週間後に血小板成分献血が可能になります。
 ただし、4週間後に4回実施した場合には次回までに4週間以上あけてください。
命を救う身近なボランティア『献血』にご協力ください
本文終わり
ページのトップへ
保健センター
〒647-0081 和歌山県新宮市新宮451番地
Tel: 0735-23-4511
E-Mail: こちらから