コンテンツ一覧へジャンプ
和歌山県新宮市
各課について サイトマップ トップページへ
市政情報
観光情報
くらしの情報
事業者向け情報
Billingual
ENGLISH
中文
Korean
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップくらしの情報福祉・介護
福祉・介護
次へ p. 1/2
既定
日付 検索
高齢者が住み慣れた地域で生活を続けられるよう、平成27年4月の介護保険法の改正により
「介護予防・日常生活支援総合事業(以下『総合事業』といいます。)」が創設されました。
総合事業は、地域全体で高齢者を支え、高齢者自身も自らの能力を最大限に生かして、
要介護状態の予防を目的とした事業です。
新宮市では平成29年4月から総合事業を開始する予定です。
「一億総活躍社会」の実現に向け、賃金引き上げの恩恵が及びにくい低年金受給者への支援によるアベノミクスの成果の均てん、及び高齢者世帯の個人消費の下支えにも資するため、高齢者向けの給付金(年金生活者等支援臨時福祉給付金)の支給を行います。
新宮市では、平成27年7月時点で熊野市〜太地町間にある高齢者施設様にアンケートを実施し、
施設の概要等についてPDFにまとめましたので、ぜひご活用ください。
 ※掲載している施設様より公開することの許可を頂いております。
健康長寿課では、介護保険及び高齢者福祉に関する業務を行っています。
また課内に地域包括支援センターを設置し、高齢の方々が住み慣れた地域で
いつまでも自分らしい生活を送れるよう、様々な支援を行っています。

これら介護保険・高齢者福祉・地域包括支援センターに関する業務概要をまとめましたので、
ご利用いただく上での参考にしていただければ幸いです。
障がい者及び障がい児がその有する能力及び適正に応じ、自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう必要な障害福祉サービスに係る給付その他の支援を行うことにより、福祉の増進を図るとともに、障害の有無にかかわらず相互に人格と個性を尊重し安心して暮らすことのできる地域社会の実現を目的としています。
保護者の突発的な事情やリフレッシュのために、子どもさんをお預かりします。
平成21年10月、厳しい経済情勢の中で離職により住宅を喪失している方又は喪失するおそれのある方に6ヶ月間を限度として住宅手当を支給する制度ができました。
※平成25年度より名称が「住宅手当」から「住宅支援給付」に変わりました
0才児から就学前の子どもたちが保護者とともに、気軽に利用できる施設です。子育てに関する相談、情報提供、育児講座の実施や 子育てサークルの支援等、子育てについて応援していきます。
新宮市では、次代を担う子ども達が健やかに成長していくための環境づくりや、将来親になる世代が希望や喜びの持てるような子育て環境づくりを地域全体で推進していくことを目指し「新宮市子ども・子育て支援事業計画」を策定し様々な子育て支援事業を展開していきます。
新宮市では、社会福祉法第107条に基づき、誰もが住み慣れた地域で安心して生活していけるよう、共にささえ合う地域づくりを目指すための基本指針となる「新宮市地域福祉計画」を策定しています。
新宮・東牟婁圏域で実施される相談会や講演会等についてお知らせします。
障害者虐待の防止や養護者に対する支援などに関する施策を推進するため、『障害者虐待の防止、障害者の養護者に対する支援等に関する法律(障害者虐待防止法)』が平成24年10月1日に施行されました。
新宮・東牟婁の6市町村が共同で開設した、ひきこもり者社会参加支援センター「あづまプラッツ」のご案内です。
次へ p. 1/2
既定
日付 検索
福祉・介護