本文
2021年7月28日 更新 印刷用ページ印刷用ページを開く
新型コロナウイルス感染症についての市長メッセージ

令和3年7月28日(水)
新宮市新型コロナウイルス感染症対策本部
本部長 田岡 実千年

市民の皆さまへ


 市民の皆さまにおかれましては、新宮市の新型コロナウイルス感染症対策に多大なるご理解とご協力を賜り、心より感謝申し上げます。
さて、新宮保健所管内では、7月25日以降3日連続して感染者の発生が報告されております。
 新型コロナウイルス感染症は誰もが感染する可能性があります。感染された方などに対する偏見や差別につながる行為、人権侵害、誹謗中傷等は絶対行わないでください。不確実な情報に惑わされない冷静な行動をお願いします。
 また、日常生活の中で、これまで同様三つの密(密集・密接・密閉)を回避するとともに、マスク着用、手指消毒や換気など基本的な感染予防対策の徹底をお願いします。
 感染拡大防止のため、引き続き皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。





令和3年4月27日(火)
新宮市新型コロナウイルス感染症対策本部
本部長 田岡 実千年

市民の皆さまへ

 新型コロナウイルス感染症につきましては、全国で第4波となる感染拡大の勢いが止まらず、特に感染性の強い変異株の感染者が増加し、政府は4月25日付けで、東京、大阪、京都、兵庫の4都府県を対象に、緊急事態宣言を発出しました。

 和歌山県においても感染者が増加傾向にあり、4月20日には過去最多となる55人の新規感染者が確認され病床数もひっ迫しているところです。

 これらの状況を踏まえ、大型連休を迎える中、市民の皆さまにおかれましては、引き続き、マスク着用、手指消毒や換気など感染予防対策と合わせて、特に下記の点にご留意のうえ行動いただきますようお願いします。

・市民の皆さんには、不要不急の外出自粛をお願いします。(令和3年5月11日まで)
・緊急事態宣言発出地域や、まん延防止等重点措置の実施区域からの帰省は自粛するよう
お願いします。

 このような中、本市でも4月25日より、高齢者へのワクチン集団接種が、翌26日からは高齢者施設への訪問接種が開始されました。現在、ワクチンの供給の遅れにより、高年齢の方を優先的に接種させていただいておりますが、今後、必ず全員の方が接種できますので、今しばらくお待ちください。

 なお、連休中の5月3日(月)、4日(火)、5日(水)につきましては、市の相談窓口として「新型コロナウイルス感染症対策室」を臨時に開設しております。(8:30~17:15 TEL 0735-22-5070)




令和3年1月14日(木)
新宮市新型コロナウイルス感染症対策本部
本部長 田岡 実千年

市民の皆さまへ


 新型コロナウイルス感染症につきましては、全国的に感染拡大の勢いが止まらず、政府は1月7日に東京を始めとする首都圏1都3県に、1月13日には大阪、京都、兵庫の関西3府県を含む7府県を対象に緊急事態宣言を発出しました。
 和歌山県においても、感染者が増加傾向にあり、新宮保健所管内においても年明けから感染者が確認されているところです。

 これらの状況を踏まえ、市民の皆様におかれましては、特に下記の点にご留意のうえ、行動いただきますようお願いします。

・緊急事態宣言対象区域(栃木県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・岐阜県・愛知県・京都府・大阪府・兵庫県・福岡県)への不要不急の往来は控えてください
・感染が拡大している地域から、仕事や帰省等された方は、慎重な行動を強くお願いします
・各事業所においては、県や各業界が出している感染拡大予防ガイドラインを遵守してください
・症状が出れば、軽微な症状であっても放置することなく、かかりつけ医等地域の医療機関に相談してください


 このような中、3月には、高齢者を対象とした新型コロナウイルスワクチンの優先接種が予定されています。
 本市におきましては、ワクチンの配給開始とともに速やかに市民の皆様への接種を開始できるよう、本格的に準備を進めてまいります。
 また、昨年9月まで経済対策室を設置し、市民や事業者等からの相談対応を行ってきたところですが、今回の緊急事態宣言発出とともに新宮保健所管内にて感染者が確認されたことを踏まえ、今後の感染状況に対応し、迅速かつ柔軟に対策を講じていくため、改めて「(仮称)新型コロナウイルス感染症対策室」を設置し、市民の皆様に寄り添ったきめ細やかな対応を行ってまいります。
 なお、新宮市立医療センターにおきましては、今後、感染者が増加した場合においても、病床の確保等、万全の体制を整えています。

 最後に、新型コロナウイルス感染症は、誰もが感染する可能性があります。感染された方やその家族、勤務先、また、医療関係者、市外からお越しの方等に対する誹謗中傷や差別は絶対に許されません。
 今後とも、市民の皆様とともに新型コロナウイルス感染防止に取り組んでまいりますので、ご理解とご協力をお願いします。





令和3年1月8日(金)
新宮市新型コロナウイルス感染症対策本部
本部長 田岡 実千年

市民の皆さまへ


 新型コロナウイルス感染症につきましては、全国的に感染拡大の勢いが止まらず、政府は、特に感染拡大が続いている首都圏の1都3県(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県)を対象に緊急事態宣言を発出しました。関西広域連合においても、緊急事態宣言発出に至らないよう、関西府県市民が一体となって感染拡大防止に取り組んでいます。
 和歌山県においては、年末年始より帰省者や若者の活発な行動で感染者が急増し、医療関係の負担が増大しています。

 これらの状況を踏まえ、市民の皆様におかれましては、特に下記の点にご留意のもと行動をお願いします。
・緊急事態宣言が発出された首都圏1都3県(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県)への往来は控えて下さい。
・感染が拡大している地域への不要不急な外出は控えて下さい。
・感染が拡大している地域から、仕事や帰省等される方は、慎重な行動をお願いします。
・各事業所においては、県や各業界が出している感染拡大予防ガイドラインを遵守してください。
・症状が出れば、軽微な症状であっても放置することなく、かかりつけ医等地域の医療機関に相談してください。


 医療や介護施設をはじめ市民生活を支える現場で頑張る皆さんがいます。新型コロナウイルスの感染を防止しながら継続して業務を続けて頂いていることに、心より感謝申し上げます。

 最後に、新型コロナウイルス感染症は、誰もが感染する可能性があります。感染された方やその家族、勤務先、また、医療関係者、市外からお越しの方等に対する誹謗中傷や差別は絶対に許されません。
 今後とも、市民の皆様とともに新型コロナウイルス感染防止に取り組んでまいりますので、ご理解とご協力をお願いします。




令和2年8月7日(金)
新宮市新型コロナウイルス感染症対策本部
本部長 田岡 実千年

「新型コロナウイルス感染症」に関する市民の皆さまへのお願いについて


 新型コロナウイルス感染症の国内における感染状況につきましては、全国的に急激な感染拡大が続いております。
 市民の皆さまのご協力により、新宮保健所管内では8月6日現在、感染者は確認されておりませんが、感染者が発生した場合においても、市立医療センターでは、万全の体制を整えております。これからお盆で人の往来が増える時期となることから、ご家族や知人、特に高齢者等への感染につながらないよう、次の点について特にご留意をお願いいたします。

① 3密の回避、手洗いやマスクの着用、身体的距離の確保など、新しい生活様式の徹底をお願いします。

② 長時間、密な状態となるような友人・知人の家での宿泊や多人数での会食は控えて下さい。

③ 業種別ガイドラインを遵守し、感染防止対策に取り組んでいるお店をご利用下さい。

④ 感染が拡大している地域との往来については、必要性を慎重にご検討下さい。

⑤ 日常生活において慎重な行動や徹底した感染防止対策に努めて下さい。

 特に若い世代の皆さまにおかれましては、軽症、無症状のまま知らないうちに感染を拡大させてしまう場合がありますので、慎重な行動をとっていただくようお願いいたします。
 新型コロナウイルス感染症はだれもが感染する可能性があります。感染された方などに対する偏見や差別につながる行為、人権侵害、誹謗中傷等は絶対に行わないで下さい。不確実な情報に惑わされない冷静な行動が求められています。
 なお、事業者の皆さまには、業種別ガイドライン等に基づく感染防止対策のさらなる徹底を強くお願いいたします。
 感染拡大防止のため、引き続き皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。





令和2年5月13日(水)
新宮市新型コロナウイルス感染症対策本部
本部長 田岡 実千年

新型コロナウイルス感染症にかかる市支援策について


 市民の皆様におかれましては、日頃の新型コロナウイルス感染予防対策に多大なご理解・ご協力を賜り厚く感謝申し上げます。
 このたび、マスクをはじめ衛生用品購入など、家計負担の増加状況を踏まえ、生活支援策として「市民一律10,000円」の給付を行うことといたしました。
 また、経済支援対策として、前年比収益減30%以上などの条件を付しますが、幅広い業種の経営持続化を支援するため、「1事業者につき50,000円」の給付を行うこととしました。
詳しくは後日広報等いたしますが、多くの方に申請いただけますよう市民・市内事業者の皆様方にお知らせいたします。
 なお、市役所別館に「新型コロナウイルス感染症経済対策室」を設置しております。手続き等にお困りの方は、何なりとご相談いただきますようお願い申し上げます。
 長引く自粛要請により社会生活の不安が大きくなっています。体の健康と共に、心の健康も大切です。こういう時こそ、温かな人間関係が求められます。市民一丸となってこの難局に打ち勝っていきましょう。




令和2年4月20日(月)
新宮市新型コロナウイルス感染症対策本部
本部長 田岡 実千年

「新型コロナウイルス感染症」に関するお願い


 新型コロナウイルス感染症の国内における急激な感染拡大を受け、4月16日、政府は「緊急事態宣言」の対象地域を全国に拡大しました。

 当市においては、市民のみなさまのご協力により、4月19日現在、感染者は確認されておりませんが、全国的には感染拡大が危惧されています。
 特に、大型連休を前に人の移動を最小化する必要があります。大都市圏などから地方への人の流れは、地方での感染拡大リスクを高めてしまう危険性があります。
 そのため、他の都道府県から帰省や転勤された方は、2週間の自宅待機をお願いします。連休を控え、ご家族の帰省についても、先送りできるのであれば自粛をお願いします。
 さらに、当地域への観光をお考えの方につきましても、自粛いただきますようお願いいたします。

 新型コロナウイルス感染症は、いつ、どこで、だれが感染してもおかしくありません。市民のみなさまにおかれましては、「3つの密」が重なるような場所への外出の自粛の徹底をお願いします。さらに、不要不急な往来は自粛してください。人と人との接触を避け、1人1人が感染しない、感染させないための行動をお願いいたします。
 そして、感染予防対策の徹底のため、手洗い・咳エチケットなどをお願いします。

 市民のみなさまにおかれましては、不確実な情報の流布に惑わされることなく、正確な情報に基づいた冷静な判断をお願いします。合わせて、新型コロナウイルス感染症を口実にした詐欺に注意してください。さらに、感染者や医療従事者等、その家族に対する偏見や差別につながる行為は、決して許されるものではありません。
 1人1人がご自身の健康を守るため、また、大切な家族や友達を守るための行動をとっていただき、新宮市が一丸となってこの緊急事態を乗り切ることができるよう、ご理解とご協力をお願いいたします。





令和2年4月10日(金)
新宮市新型コロナウイルス感染症対策本部
本部長 田岡 実千年

「新型コロナウイルス感染症」に関する市民のみなさまへのお願いについて

 新型コロナウイルス感染症の国内における急激な感染拡大を受け、4月7日、政府は新型インフルエンザ等特別措置法に基づく「緊急事態宣言」を東京都、大阪府など7都府県に発出しました。

 市民のみなさまのご協力により、当市においては4月10日現在、感染者は確認されておりませんが、和歌山県内では、多くの感染者が確認されている状況にあります。
 新型コロナウイルス感染症は、いつ、どこで、だれが感染してもおかしくありません。市民のみなさまにおかれましては、感染予防対策として、こまめな手洗いや咳エチケット、密閉・密集・密接の3つの密を回避するなど、人と人との接触を避け、1人1人が感染しない、感染させないための行動をお願いいたします。

 また、緊急事態宣言が発出された地域から来られた方は、ご自身で一定期間(2週間)健康観察していただき、その間、不要不急な外出を控えていただくことをお願いいたします。さらに、市民のみなさまにおかれましても、緊急事態宣言発出地域への不要不急な訪問は、控えていただくことをお願いいたします。

 新型コロナウイルス感染症に関して、噂やデマなどの不確実な情報がSNS等で拡散し、風評被害と言える事案が発生しています。そのことにより、混乱を招いたり、傷つく人を生み出してしまう危険性があります。
 市民のみなさまにおかれましては、正確な情報に基づいた冷静な判断と、1人1人がご自身の健康を守るため、また、大切な家族や友達を守るための行動をとっていただきますようご理解とご協力をお願いいたします。

掲載内容に関するお問い合わせはこちら
保健センター
説明:健康増進、予防保健、健康づくりなど
住所:647-0081 和歌山県新宮市新宮451番地
TEL:0735-23-4511