和歌山県新宮市
各課について サイトマップ トップページへ
市政情報
観光情報
くらしの情報
事業者向け情報
Billingual
ENGLISH
中文
Korean
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップ市の紹介新宮市について新宮市の名誉市民
 
2018年1月30日 更新
印刷用ページを開く
新宮市の名誉市民
新宮市では、本市に縁の深い人で、本市に対して功労のあった人、または広く社会の進展、学術文化の興隆に貢献し、その功績が顕著である人(故人を含む)に対し、市民の敬愛の対象として顕彰しています。
これまでに、以下の11人の方々が顕彰されています。
※名前をクリックすると、詳細ページへ移ります。
関連情報はこちら
佐藤 春夫
【さとう はるお】(1892〜1964) 
明治25年、新宮市に生まれる。小説『田園の憂鬱』、誌『殉情詩集』で文壇での地位を確立する。芸術院会員、文化勲章を受章。
東 くめ
【ひがし くめ】(1877〜1969)
明治10年、新宮市に生まれる。作詞家として作曲家・滝廉太郎とのコンビで「鳩ぽっぽ」「お正月」などの口語唱歌を世に送り出す。
東 くめ
【きむら とうきち】(1880〜1964) 
明治13年、奈良県十津川村に生まれる。大正11年、新宮町長に初当選。以来、町長、市長を歴任。新宮市発展の礎を築く。
杉本喜代松
【すぎもと きよまつ】(1873〜1955) 
明治6年、三重県熊野市に生まれる。昭和3年、和歌山県木材同業組合連合会会長、昭和21年、新宮市長に就任し戦後復興に尽くす。
世耕 弘一
【せこう こういち】(1893〜1965)
明治26年、東牟婁郡熊野川町に生まれる。近畿大学総長として近畿大学短期大学部、近畿大学附属新宮女子高等学校を設立する。
村井 正誠
【むらい まさなり】(1905〜1999)
明治38年、岐阜県大垣市に生まれ、少年期を新宮で過ごす。
わが国の抽象絵画の先駆けの一人として国内外で活躍する。
山本 秋広
【やまもと あきひろ】(1893〜1973)
明治26年、新宮市に生まれる。長年、官界で活躍。退官後、水戸史研究家、資料蒐集家として地域の文化振興に貢献する。
西村 伊作
【にしむら いさく】(1884〜1963) 
明治17年、新宮市に生まれる。大正10年、東京駿河台に「文化学院」を創設。芸術家・建築家としても活躍し、多くの建築作品を手がける。
畑中 武夫
【はたなか たけお】(1914〜1963)
大正3年、田辺市に生まれる。戦後、星の進化と元素の起源とを結びつけたTHO理論を発表し、日本天文学界の評価を高める。
中上 健次
【なかがみ けんじ】(1946〜1992) 
昭和21年、新宮市に生まれる。芥川賞受賞の『岬』をはじめ、生まれ故郷の熊野を題材にした重厚な文学作品を多数著す。
大石 誠之助
【おおいし せいのすけ】(1867〜1911)  慶応3年、新宮市に生まれる。渡米して医療を学び、新宮市に医院を開業。人権思想や平和思想の基礎を築き、甥の西村伊作等に対して大きな影響を与えた。
本文終わり
ページのトップへ
秘書課
〒647-8555 和歌山県新宮市春日1番1号
Tel: 0735-29-7294
E-Mail: こちらから