和歌山県新宮市
各課について サイトマップ トップページへ
市政情報
観光情報
くらしの情報
事業者向け情報
Billingual
ENGLISH
中文
Korean
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップくらしの情報防災自主防災組織について
 
2015年12月15日 更新
印刷用ページを開く
自主防災組織について
地域の自主防災組織
 地震などの災害が発生したときに、一人でも多くの人を瓦礫の下から救出し、火災などの二次災害を防ぐことが最も大切であり、このためには日常から市民一人ひとりが防災活動に参加し、組織的な防災活動を行うことが大切です。
 新宮市では、平成7年2月から自主防災組織の設立を促進するため、新宮市町内会長連絡協議会等と協議を進めるなど自主防災組織の育成指導に積極的に取り組んでいます。
 自主防災組織の主な活動として、防災意識の向上と普及を目的とした防災啓発活動と災害発生時における活動能力を身につける防災訓練があります。
 地震などの災害を想定した防災訓練では、阪神・淡路大震災以後、倒壊した家屋等からの早期人命救出に重点を置いて指導し、防災行動力の向上を図っています。
自主防災組織の現況(平成28年12月)
        
組織名 組織名
梅ノ木団地町内会 谷王子地区
境町町内会 久堀町内会
日々橋本町内会 春日町内会
王子橋町内会 元町町内会
西下田町内会 仲之町商店街振興組合
製紙前町内会 雇用促進住宅鴻田宿舎自治会
松山町内会 促進住宅相筋宿舎町内会
神倉町内会 日高町内会
広角梅ノ木町内会 木ノ川区
日新町内会 井の沢自治会
市田親市会町内会 王子第一町内会
王子町内会 王子第二町内会
佐野区 水の手町内会
高田会 三本杉町内会
すみれ会町内会 丹鶴町内会
下田新睦地区 下田町内会
相筋第一町内会 椋井区
あけぼの町内会 松沢区
堀地町内会 志古区
千穂町内会 滝本区
玉の井町内会 東敷屋区
東高倉町内会 相須区
新町町内会 宮井区
熊野地本通り町内会 音川区
下本町町内会 山本区
丸山町会 神丸区
千鳥町内会 四滝区
口山町内会 相須(日足)
東取出町内会 団地区
西矢倉町内会 田長区
橋本西町内会 和田向区
御渡町内会 大東区(東区・大山区)
鴻田新町町内会 篠尾区
王子権現親睦会 鎌塚区
秋葉町内会 谷口区
相筋第二町内会 西区
相筋第三町内会 日足区
西緑ヶ丘町内会 九重区
三輪崎区 尾頭区
馬町会 玉置口区
池田3丁目町内会 西敷屋区
野田町内会 上長井区
市田町内会 赤木区
鴻田町内会 山手区
蜂伏自治会 八咫烏町内会
田鶴原町内会 緑ヶ丘町内会
水源池町内会 橋本第二町内会
取手町内会 広津野・広角第一・広角谷地町内会
中央通り町内会 緑町内会
城南自治会 西道町内会
五新町内会 御幸町内会
大王地町内会 能城区
丸山橋町内会 橋本第一町内会
嶋津町内会
107組織
自主防災組織支援事業補助金
新宮市では、平成8年4月から自主防災組織が防災活動を行うために必要な防災資機材の購入等に要する経費に対し補助制度を創設し実施しています。
補助概要は次のとおりです。
〔補助金交付制度の概要〕
種別 補助対象額 補助率 備考
初回補助金 自主防災組織設置時における参加世帯1世帯につき3,000円を基本額として、世帯数に応じて積算した額の範囲で購入する資機材の購入費とする。 8/10 1.初回補助金は、補助対象額の上限まで1回限り使用できるものとし、補助対象額を超えた場合は、追加補助金により交付するものとする。
2.補助金の額に端数が生じた場合は、100円未満を切り捨てた額とする。
追加補助金 基本額を超過した場合の資機材の購入費とする。 5/10
人材育成補助金 防災士資格取得試験受験料および防災士資格認証登録料とする。 10/10
津波避難路整備補助金 事業費20万円までの整備費とする。 10/10 1.補助金の限度額は、146万円とする。
2.補助金の額に端数が生じた場合は、100円未満を切り捨てた額とする。
事業費20万円を超過した場合の整備費とする。 7/10
■未設置の地区は自主防災組織の設置にご協力をお願いします。
本文終わり
ページのトップへ
防災対策課
〒647-8555 和歌山県新宮市春日1番1号
Tel: 0735-23-3333  内線 4203
E-Mail: こちらから