和歌山県新宮市
各課について サイトマップ トップページへ
市政情報
観光情報
くらしの情報
事業者向け情報
Billingual
ENGLISH
中文
Korean
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップ市政情報情報発信どいらい遠いわぁ〜新宮市
 
2013年11月25日 更新
印刷用ページを開く
どいらい遠いわぁ〜新宮市
来た人はみんな言う。「遠いわぁ〜!しんぐう!」

地図で見ると、大阪からはそんなに遠くないのでは?・・・それがどうして!!
電車で、東京から5時間30分、新大阪から4時間、名古屋から3時間30分。

さらに、名古屋からの平日午後1時前出発の電車は、乗り遅れると驚愕の6時間50分待ち!
どうだ、まいったかめはり〜

新宮人は、電車や車で3時間かかるのは普通だ!「テキサスの人みたいっ!」って・・・

やれやれ、やっと着いた〜おつかれさま(^O^)/
でも、長い時間かけて来るのもいいものなんだよね〜 時間の流れが分かる。
あなたも「どこか遠くへ行きたい」って、思ったことはありませんか?そんなとき、選んでほしい。
ここは、海あり 山あり 川あり。
癒やしのパワースポットあり。 
川で泳げる。舟下りもできる。太陽をいっぱいに浴びる。
気持ちいい〜
めはりもおいしいよ!

新宮のこと知りたいって? 新宮市は「世界遺産のあるまち」。そして熊野・・・
「熊野」は、都から見て隅っこながら清らかなところとして、多くの人々に敬われてきました。
ここに祀られてきたのが、熊野三山とよばれる新宮市の熊野速玉大社・田辺市本宮町の熊野本宮大社・那智勝浦町の熊野那智大社です。
そして今から1000年くらい前から、熊野は神や仏のいるありがたい理想の世界と考えられるようになります。
そのため修行するお坊さんだけでなく、天皇を退いた上皇や貴族も大勢、この世とあの世の救いを求めて
お参りするようになりました。
600年くらい前からは、熊野三山の信仰は地方の武士や庶民にも広まり、多くの人々が熊野へ列をなす様は「蟻の熊野詣」といわれました。

熊野ってどんなところ?
ノアサガオ:孔島にて
熊野は黄泉の国の入り口だと言う人がいるかと思うと、いや、違うと言う人がいる。
熊野は隈(くま)、隅だから良いと言う人もいる。
かと思うとそんなことはない、中心だと言う人がいる。
ある人は、熊野に来ると癒やされていいと言い、
ある人は、熊野は蘇りの地だからいいと言う。
そんなことより自然がいいのだと言う人がいる。
要するに、みんな熊野が好きなんだ。
あなたも自分だけの「熊野」を見つけてください。
そして、熊野を気に入っていただければ幸いです。
熊野人(くまのびと)
中上健次。そして熊野大学
新宮市出身の作家・中上健次は、熊野を舞台にした独自の文学世界を築きました。
昭和51年『岬』で戦後生まれとしては初となる芥川賞を受賞。
熊野を愛し続けた健次は、平成元年、自主講座「熊野大学」を開講しました。
「試験もない、校舎もない、校則もない」「だれでもいつでも入学でき、卒業は死ぬとき」という、そこに集うひとりひとりの志によって成り立つという学校です。
健次は、自身の構想した「熊野学」の拠点とすべく「熊野大学」を設立したのですが、惜しくも平成3年に46歳の若さで他界。
その後は氏の遺志を受け継いだ有志が中心となって活動を続けて現在に至っています。
毎年恒例の夏期特別セミナーは、新宮市で開催されています。

西村伊作。自由な精神
新宮市出身の大正時代を代表する文化人、西村伊作。
我が子を自由で創造的な環境で学ばせたいと願った伊作は、大正10年東京神田駿河台に与謝野晶子らとともに「文化学院」を開設。自由主義教育を実践しました。
また、客間を中心とした旧来の住宅を、今日では一般的な家族が集う居間を中心とた住宅へ転換することに大きな役割を果たしました。
新宮市に伊作自身が設計し、建てられた旧西村家住宅は平成22年に国の重要文化財に指定されました。旧西村家住宅は平成26年、築100年を迎えます。
毎年夏には、新宮市で「文化学院」と提携した「熊野芸術文化セミナー」を開催しています。
2014年は畑中武夫の生誕100年
武夫は大正3年(1914)生まれ。新宮中学校(現在の新宮高校)卒業。
昭和12年東京帝国大学理学部天文学科を卒業。昭和13年には東京帝国大学助手兼
東京天文台技手となって、主に理論天体物理学の研究を始めました。
昭和28年、39歳の若さで東京大学教授に就任。
昭和32年に東京大学付属東京天文台天体電波部長に就任。若くして日本の天文学界を
リードする存在となり、国際的に活躍しました。
天文学の啓蒙に力を入れていた武夫は、当時の研究者としては珍しくさまざまな雑誌で
記事を執筆したりテレビ出演や座談会に出席したりしています。
国際会議にも日本を代表して頻繁に出席し、超多忙な日々を過ごしていましたが、昭和
38年、惜しくも49歳の若さで亡くなりました。
著作「宇宙と星」「宇宙空間への道」は、一般読者向けに分かりやすい言葉で書かれていて、
今も読み継がれています。
母校である新宮高校には、彼が「われら地球人」と揮毫した記念碑が建っています。
また、世界的な業績を記念して、月のクレーターの一つに「ハタナカ」の名が付けられて
います。
本文終わり
ページのトップへ
秘書課
〒647-8555 和歌山県新宮市春日1番1号
Tel: 0735-29-7294
E-Mail: こちらから