和歌山県新宮市
各課について サイトマップ トップページへ
市政情報
観光情報
くらしの情報
事業者向け情報
Billingual
ENGLISH
中文
Korean
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップくらしの情報保険・年金低価格なジェネリック医薬品を利用しましょう
 
2016年12月27日 更新
印刷用ページを開く
低価格なジェネリック医薬品を利用しましょう
ジェネリック医薬品(後発医薬品)って?

ジェネリック医薬品(後発医薬品)は、特許期間が満了した新薬(先発医薬品)と同じ有効成分を使って作られた医薬品
です。国の厳しい検査をクリアしたものだけが承認され、安心して使用できます。味や匂い、形状を変えたり、新薬より
さらに使いやすく改良がされているものもあります。
なぜジェネリック医薬品が推奨されるの?

★効き目や安全性は新薬と同等ながら、低価格。

ジェネリック医薬品は、新薬で効果や安全性が立証されている有効成分を使用し、研究・開発コストを抑えることができ
るため、新薬より価格を安く設定できます。

★小さな節約が医療保険制度を守ります。

ジェネリック医薬品を使うことで、薬代の個人負担だけでなく年々増え続けている国民医療費の負担も減らすことができ
ます。保険で負担する医療費を抑えることは、国保税はもちろん、国・県・市の税金の負担の伸びを抑えることにも繋が
ります。
変更するには?

★ジェネリック医薬品を希望される場合は、医師・薬剤師にご相談ください。

全ての薬にジェネリック医薬品があるわけではありません。薬によっては、ジェネリック医薬品に変更することにより、
自己負担額が高くなる場合もあります。また、有効成分が新薬と同じでも効果や副作用の現れ方が違う場合もあります
ので、薬を変更する場合は医師や薬剤師に十分相談し変更しましょう。
新宮市国民健康保険に加入している方へ

★「ジェネリック医薬品利用差額通知書」を送付しています

新宮市国民健康保険では、医療費の自己負担軽減と国保財政の健全化を目的として、「ジェネリック医薬品利用差額通
知書」を年2回(6月・12月)送付しています。現在処方されている先発医薬品をジェネリック医薬品に変更した場
合に、薬代がどれくらい軽減できるのかをお知らせするものです。
ぜひ、この機会にジェネリック医薬品のご利用をご検討ください。

≪ 通知書の送付対象者(下記の条件をすべて満たす方) ≫
@新宮市国民健康保険加入の40歳以上の方
Aジェネリック医薬品に変更した場合、1ヶ月あたりの自己負担額の軽減が一定金額以上見込まれる方
  ≪ 差額通知の内容についてのお問い合わせ先 ≫
  ジェネリック医薬品差額通知コールセンター  
  フリーダイヤル 0120−53−0006 
     受付時間 午前9時〜午後5時 
          ただし、土・日・祝日、年末年始
          (12月29日〜1月3日)を除く

★ご利用ください!「ジェネリック医薬品希望シール」

新宮市国民健康保険では、ジェネリック医薬品への変更の意思を医療機関等に伝え、切り替えが簡単にできるよう、保険証等に貼って
使用するシールを加入者の方に配布しています。必要な方は市民窓口課保険年金係へご連絡ください。
(ジェネリック医薬品に切り替えることに不安がある方は、「お試し期間」として短期間分を変更してもらうこともできます。)
詳しくは下記のホームページをご覧ください。
PDFファイルが開きます。
本文終わり
ページのトップへ
市民窓口課
〒647-8555 和歌山県新宮市春日1番1号
Tel: 0735-23-3347
E-Mail: こちらから