和歌山県新宮市
各課について サイトマップ トップページへ
市政情報
観光情報
くらしの情報
事業者向け情報
Billingual
ENGLISH
中文
Korean
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップ市の紹介新宮市について大石誠之助が新宮市名誉市民に
 
2018年2月1日 更新
印刷用ページを開く
大石誠之助が新宮市名誉市民に
平成30年1月17日 大石誠之助が11人目の新宮市名誉市民として決定しました。
大石誠之助
(慶応3年11月29日〜明治44年1月24日)

慶応3年(1867年)、新宮仲之町で生まれた大石誠之助は、渡米して医療を学び、明治29年(1896年)に新宮に医院を開業。熊野地方に多い伝染病や脚気などをインドに渡って研究する等、熱意と行動力を併せ持った人物であると同時に、患者には人間として平等に接し、貧しい人からは無償で治療を行うなど、「ドクトルさん」と称えられ感謝されました。
また「太平洋食堂」や「中央堂」というレストランを開業し、西洋料理の普及や調理法などの発案を行う等、西洋的で合理的生活の普及にも尽力しました。
平和・博愛・自由・人権を訴えた大石誠之助の思想と行動力は、現在にも通じる先覚者としての功績は大きく、既に名誉市民として名を連ねる、甥の西村伊作をはじめ、佐藤春夫や中上健次に対しても大きな影響を与えました。
新宮市名誉市民称号授与式を開催
平成30年1月24日
新宮市名誉市民称号授与式が執り行われ、大石 誠之助のご遺族であります立花利根様に新宮市長より表彰状が授与されました。
本文終わり
ページのトップへ
秘書課
〒647-8555 和歌山県新宮市春日1番1号
Tel: 0735-29-7294
E-Mail: こちらから