和歌山県新宮市
各課について サイトマップ トップページへ
市政情報
観光情報
くらしの情報
事業者向け情報
Billingual
ENGLISH
中文
Korean
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップ市政情報行政情報改元に伴う市の文書の取扱いについて
 
2019年4月23日 更新
印刷用ページを開く
改元に伴う市の文書の取扱いについて
 平成31年4月30日をもって「平成」が終了し、同年5月1日から新元号「令和」となるため、
新宮市が発送したり受理したりする書類などについては、原則として次のように取り扱うこととします。
皆さまのご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

1.令和元年5月1日以後に市が発送する文書で、同日以後の日の元号の表記が「平成」と印刷などされているものは、
 作成し直す期間がない場合、「平成」を2本線で消し、新元号による表示に訂正して使用します。
  なお、納税通知書の納期限、計画書の計画期間等、将来の年度及び日付を表記する場合は、事務処理の時期の関係や
 文書が大量で訂正などが困難なことから、「平成」のまま表記していることがあります。
 「平成」で表記された期日などについて、その効果が変わることはありませんので、新元号(令和)による応当日に
 読み替えて頂きますようよろしくお願いします。

2.市に提出していただく文書で、令和元年5月1日以後の日の元号の表記が「平成」と印刷などされているものについては、
 補正が困難な場合を除き、手書きなどにより補正(訂正印は不要)をお願いします。

3.平成31年4月30日までに市に提出された文書で、令和元年5月1日以後の日の元号の表記を「平成」と表示されているものは、
 そのまま有効なものとして取り扱います。
  また、平成31年4月30日までに市が発送した文書で、令和元年5月1日以後の日の元号の表記を「平成」と表示しているものも、
 同様に、そのまま有効なものとして取り扱いさせていただきます。

4.関係機関や関係法令などの定めにより、1〜3以外の取り扱いとなる場合があります。
本文終わり
ページのトップへ
総務課
〒647-8555 和歌山県新宮市春日1番1号
Tel: 0735-23-3336
E-Mail: こちらから