和歌山県新宮市
各課について サイトマップ トップページへ
市政情報
観光情報
くらしの情報
事業者向け情報
Billingual
ENGLISH
中文
Korean
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップ市政情報選挙新宮市議会議員一般選挙に係る当選の効力に関する異議の申出について
 
2019年5月15日 更新
印刷用ページを開く
新宮市議会議員一般選挙に係る当選の効力に関する異議の申出について
 平成31年4月21日執行の新宮市議会議員一般選挙の当選の効力に関して、平成31年4月23日に公職選挙法第206条第1項の規定に基づく異議の申出があり、令和元年5月15日に「異議の申出を棄却する。」との決定をしたので、以下これまでの経緯等についてお知らせします。
○平成31年4月21日 新宮市議会議員一般選挙執行
    投票総数     16,905票
    有効投票     16,731票
    無効投票        174票
    大坂一彦候補得票    754票
    大石元則候補得票    752票

○平成31年4月23日 大石元則候補から異議申出書の提出
    ・異議の申出の趣旨
      申出人は、本件選挙において最下位で当選人となった大坂一彦(以下「大坂候補」という。)の当選は無効とするとの決定を
     求める。
    ・異議申出の理由
      大坂候補と申出人との差が2票という状況の中、期日前投票を行った者から「大石とものり」と記入してしまったかも知れな
     いとの申し出があり、その有無を精査していただく必要が生じたため、有効投票及び無効投票の再点検を求める。

○平成31年4月25日 新宮市選挙管理委員会開催
    ・異議申出書の受理を決定
    ・5月12日に投票の開披再点検を行うことを決定

○令和元年5月12日 投票の開披再点検実施

○令和元年5月15日 新宮市選挙管理委員会開催
     当選の効力に関する異議の申出の審査結果を決定
      ・決定内容:異議の申出を棄却する。
      ・決定理由:5月12日に開披再点検を行った結果は、以下のとおりであり、本件選挙における申出人の得票数(752票)
            は、最下位当選人である大坂候補の得票数(754票)を上回らないことから、選挙会が確定したとおり大坂候
            補の当選は有効であることから、「異議の申出を棄却する。」旨を決定。
       ※開披再点検の結果
         @再点検の対象である大坂候補の投票754票及び申出人の投票752票の再点検において、選挙会において決定され
          たそれぞれの有効投票に、異動を生じるものと認められる投票は確認できず、再計数した結果、投票数の相違はな 
          かった。
         A申出人の有効投票の再点検の結果、申出人が主張する「大石とものり」と記載された投票は12票確認されたが、い
          ずれも申出人の有効投票とされており、当委員会においても当該投票は有効投票と判断した。
         B無効投票174票の再点検の結果、無効投票から有効投票に異動を生じるものと認められる投票は確認できなかっ
          た。
         Cその他の有効投票15,225票の再点検の結果、大坂候補又は申出人の有効投票と認められる投票は確認できな 
          かった。
詳細につきましては、決定書をご覧ください。
※決定後の手続き
決定に不服のある者は、本日から21日以内に、文書で和歌山県選挙管理委員会に審査を申し立てることができます(公職選挙法第206条第2項)。
PDFファイルはこちら
(keteisyo.pdf: 111k)
本文終わり
ページのトップへ
選挙管理委員会
〒647-8555 和歌山県新宮市春日1番1号
Tel: 0735-23-3360