和歌山県新宮市
各課について サイトマップ トップページへ
市政情報
観光情報
くらしの情報
事業者向け情報
Billingual
ENGLISH
中文
Korean
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップくらしの情報医療・健康新型コロナウイルス感染症について(予防等)
 
2020年2月26日 更新
印刷用ページを開く
新型コロナウイルス感染症について(予防等)
 新型コロナウイルス感染症の予防には、風邪や季節性インフルエンザ対策と同様にお一人お一人の手洗いや咳エチケットなどの実施がとても重要です。感染症対策に努めていただくようお願いいたします。

(新型コロナウイルスに関する最新情報は、下のリンクから厚生労働省ホームページ等ご確認ください。)
予防のポイント

(1)手洗いやアルコール消毒
 ドアノブや電車のつり革など様々なものに触れることにより、自分の手にもウイルスが付着している可能性があります。外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などこまめに手を洗います。
(イラスト和歌山県)
(2)咳エチケット
 くしゃみや咳が出るときは、飛沫にウイルスが含まれているかもしれませんので、次のような咳エチケットを心がけましょう。
 ・マスクを着用します。
 ・ティッシュなどで鼻と口を覆います。
 ・とっさの時は袖や上着の内側でおおいます。
 ・周囲の人からなるべく離れます。
(イラスト厚生労働省)
(3)普段の健康管理
 普段から、十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけ、免疫力を高めておきます。

(4)適度な湿度を保つ
 空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します。乾燥しやすい室内では加湿器などを使って、適度な湿度(50〜60%)を保ちます。
症状が出たときは
 次の症状がある方は
「新宮保健所:新型コロナウイルス感染症専用相談窓口(健康相談)」に
電話でご相談ください。電話0735−21−9630

・風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている。
(解熱剤を飲み続けなければならない時を含みます)
・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。
※高齢者や基礎疾患等のある方は、上の状態が2日程度続く場合
(詳しくは下のPDFファイル「新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安」をご確認ください)

新型コロナウイルス感染症専用相談窓口(健康相談)でご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の医療機関をご紹介しています。

新型コロナウイルス感染症の疑いがあるときは
@保健所に電話で相談(必ず電話で相談してください)
 新宮保健所 電話0735−21−9630
 (せきや発熱など症状等を相談)
A手洗いやマスクを着用するなど咳エチケットを徹底
B保健所から指定された医療機関に受診してください

【新型コロナウイルス感染症専用相談窓口(健康相談)】
 新宮保健所 電話0735−21−9630
 9時00分〜21時00分(平日、土日、祝日も対応)※緊急時はこの限りではありません。
 聴覚に障害のある方をはじめ、電話でのご相談が難しい方に向けて
 FAX(0735−21−9639)でも受付を開始しましたのでお知らせ致します。

【厚生労働省の電話相談窓口】
 電話0120−565653(フリーダイヤル)
 受付時間:9時00分〜21時00分(土日・祝日も実施)
 聴覚に障害のある方をはじめ、電話でのご相談が難しい方に向けて
 FAX(03−3595−2756)でも受付を開始しましたのでお知らせ致します。

本文終わり
ページのトップへ
保健センター
〒647-0081 和歌山県新宮市新宮451番地
Tel: 0735-23-4511
E-Mail: こちらから