和歌山県新宮市
各課について サイトマップ トップページへ
市政情報
観光情報
くらしの情報
事業者向け情報
Billingual
ENGLISH
中文
Korean
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップくらしの情報福祉・介護新宮市認知症高齢者等見守りQRコード活用事業を実施しています
 
2020年10月15日 更新
印刷用ページを開く
新宮市認知症高齢者等見守りQRコード活用事業を実施しています
令和2年7月1日より実施しております『新宮市認知症高齢者等見守りQRコード活用事業』は、
徘徊高齢者等の早期発見及び家族の安心に寄与することを目的に、見守りシールを活用して
発見者からの情報提供を元に家族への連絡を円滑に実施する事業です。
1.見守りシールとは?
 縦2.5cm、横4cmの小さなシールで、ご覧のようにQRコードがあり、
 登録番号を記入することが出来るようになっています。
 このQRコードを携帯電話等で読み取ると、下記の文が表示されますので
 発見者は、それぞれ担当する方にお電話をお願いします。
 
 ■表示される文■
 
  下記に電話をお願いします。
  ◇平日8:30〜17:15
   新宮市市役所 健康長寿課 0735-23-3333(代表)
  ◇上記以外(夜間・土日祝日)
   新宮警察署        0735-21-0110
2.もし、見守りシールを貼っている方が困っていたら?
 以下のように対応をお願いします。
 
 @その方の正面から、やさしく声を掛けて下さい。
  もし家に帰れないなどお困りのご様子であった場合は、見守りシールのQRコードを
  携帯電話で読み取って、新宮警察署又は新宮市役所にお電話下さい。
 
  その時に携帯電話を持っていないなど、QRコードを読み取れない又はやり方がわからない場合は
  直接新宮警察署又は新宮市役所にお電話下さい。
 
 AQRコードの左下にある登録番号及び現在地等を、電話でお伝え下さい。
  登録番号から家族等の電話番号を調べ、連絡します。
 
 Bその後、警察官又は市職員が現場に行きますので、到着までの間その方を見守っていて下さい。
 
 C警察官又は市職員が現場に到着すれば、確認の上発見者と交代し、家族が到着するまで付き添います。
  ※周囲の状況により、安全な場所まで移動する場合があります。
3.見守りシールの交付枚数、自己負担額
 初回申請時に、1シート10枚の見守りシールをお渡しします。
 また、破損や紛失等により追加交付を希望される場合は、追加交付申請により
 年度あたり1回に限り、10枚を追加交付します。

 初回、追加交付いずれも自己負担額は不要です。(無償)
4.申請方法
 申請は、新宮市役所健康長寿課、三輪崎支所、高田支所、熊野川行政局で行えます。
 申請にあたり準備するものは以下のとおりです。
 詳しくは、新宮市役所健康長寿課までお電話下さい。
 
  【準備内容】●対象者及び申請者の認印
        ●対象者の写真
         ※可能な限り直近に撮影した写真を選んでください。
          腰から上が写っている写真をお願いします。
        ●徘徊された方を現場又は警察署等まで迎えに来ることができる
         緊急連絡先2名の氏名、住所、電話番号が必要となります。
PDFファイルはこちら
(chirashi.pdf: 558k)
本文終わり
ページのトップへ
健康長寿課
〒647-8555 和歌山県新宮市春日1番1号
Tel: 0735-23-3346
E-Mail: こちらから