和歌山県新宮市
各課について サイトマップ トップページへ
市政情報
観光情報
くらしの情報
事業者向け情報
Billingual
ENGLISH
中文
Korean
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップくらしの情報救急・消防在宅酸素療法時の火気の取扱いにご注意下さい。
 
2021年9月13日 更新
印刷用ページを開く
在宅酸素療法時の火気の取扱いにご注意下さい。
新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い「在宅酸素療法」を行う自宅療養者が増加しています。そんな中「在宅酸素療法」で酸素濃縮装置、液化酸素装置及び酸素ボンベを使用した際、近くで火気を使用したことが原因で「火災」となるケースが多く発生しています。
「在宅酸素療法」を行う際は、火気の取扱いについて、十分注意するようお願いします。
特に、喫煙に関連した火災事例が多く発生しています。
患者はもちろんその周りの人も、酸素吸入中は「絶対にたばこを吸わないで下さい」
また、酸素を吸入していない際も、医師の指導に従い、禁煙を守って下さい。

※酸素は、燃焼を助ける性質が強いガスであり、火を近づけると大変危険です。
 酸素濃縮装置等の使用中には、火気の取扱いにご注意下さい。
在宅酸素療法を受けている患者やその家族等にご注意していただきたい事項
1)高濃度の酸素を吸入中に、たばこ等の火気を近づけるとチューブや衣服等に引火し、重度の火傷や住宅の火災原因となります。

2)酸素濃縮装置等の使用中は、装置の周囲「2m以内」には、火気を置かないで下さい。特に酸素吸入中には、たばこを絶対に
  吸わないで下さい。

3)火気の取扱いに注意し、取扱説明書どおりに正しく使用すれば、酸素が原因でチューブや衣服等が燃えたり、火災になること
  はありませんので、過度に恐れることはなく、医師の指示どおりに酸素を吸入して下さい。
本文終わり
ページのトップへ
消防本部
〒647-0081 和歌山県新宮市新宮5036番地の3
Tel: 0735-21-0119
E-Mail: こちらから