コンテンツ一覧へジャンプ
和歌山県新宮市
各課について サイトマップ トップページへ
市政情報
観光情報
くらしの情報
事業者向け情報
Billingual
ENGLISH
中文
Korean
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップくらしの情報福祉・介護
福祉・介護
次へ 最終 p. 1/3
既定
日付 検索
「新宮市高齢者福祉計画・第8期介護保険事業計画」策定にあたり、市民の皆様の健康や生活の状況を把握し、計画策定のための基礎資料とするためにアンケート調査を実施しました。
ご協力いただきありがとうございました。
令和2年7月1日より実施しております『新宮市認知症高齢者等見守りQRコード活用事業』は、
徘徊高齢者等の早期発見及び家族の安心に寄与することを目的に、見守りシールを活用して
発見者からの情報提供を元に家族への連絡を円滑に実施する事業です。
 新宮市では、高齢者が住み慣れた地域で、いつまでも安心して暮らし続けられる地域社会の実現を目指して、令和3年度から令和5年度の「高齢者福祉計画・第8期介護保険事業計画」の策定を行っています。
 策定にあたり、市民の皆様の声を反映させ、計画をより充実したものにするため、皆様からのご意見やご提案を募集します。
新宮市では、高齢者が住み慣れた地域で、いつまでも安心して暮らし続けられる地域社会の実現を目指して、令和3年度から令和5年度の「新宮市高齢者福祉計画・第8期介護保険事業計画」の策定を行っています。
新宮市では、高齢者が住み慣れた地域で、いつまでも安心して暮らし続けられる地域社会の実現を目指して、平成30年度から32年度の「新宮市高齢者福祉計画・第7期介護保険事業計画」の策定を行いました。
高齢者が住み慣れた地域で生活を続けられるよう、平成27年4月の介護保険法の改正により
「介護予防・日常生活支援総合事業(以下『総合事業』といいます。)」が創設されました。
総合事業は、地域全体で高齢者を支え、高齢者自身も自らの能力を最大限に生かして、
要介護状態の予防を目的とした事業です。
新宮市では平成29年4月から総合事業を実施しています。
多子世帯の0歳児を対象に、在宅育児支援が始まります。
「父母その他の保護者が子育てについての第一義的責任を有するという基本的認識のもとに、児童を養育しているものに児童手当を支給することにより、家庭等における生活の安定に寄与するとともに、次代の社会を担う児童の健やかな成長に資することを目的」として、児童を養育する父母などに手当を支給する制度です。
児童の医療費の一部をその保護者に支給することにより、児童の健康の保持及び増進に寄与し、もって児童の福祉の向上を図ることを目的としています。
ひとり親家庭等の父又は母及び児童に対し医療費の一部を支給することにより、その健康の保持及び増進を図り、もってひとり親家庭等の福祉の向上に資することを目的としています。
 父母の離婚などにより、父または母と生計を別にしている児童が育成されるひとり親家庭の生活の安定と自立の促進に寄与し、児童の福祉の増進を図ることを目的として、支給される手当です。
 新宮市では、児童手当の目的及び保育料等の負担の公平性を保つため、保育料に滞納がある場合について、児童手当からの徴収を実施しています。
保育に要する費用は、保護者の方に負担いただく保育料と、国・県・市が負担する負担金によって賄われています。
保育料の納入が滞りますと保育所運営に支障を生じることとなりますので、期限内に納入してください。
保護者の方にご負担いただく保育料は、世帯にかかる税額によって決まります。
保護者の突発的な事情やリフレッシュのために、子どもさんをお預かりします。
令和元年5月10日に、幼児教育・保育の無償化に関する「子ども・子育て支援法の一部を改正する法律」が成立しました。

令和元年10月から、幼児教育・保育の無償化が始まり、幼稚園、保育園(所)、認定こども園などに通う主に3歳〜5歳の子どものなどの保育料が無償化されます。ただし、給食費(ご飯等の主食費、おかず等の副食費)や絵本代等の実費分は、無償化の対象外となり、保護者の負担となります。
0歳から幼稚園、保育園に就園する前の子どもたちと保護者の方々に気軽にご利用いただける子育てひろばです。
子育てに関する相談や情報提供、育児講座の実施や子育てサークルの支援等、地域の子育てを応援していきます。
新宮市では、平成27年7月時点で熊野市〜太地町間にある高齢者施設様にアンケートを実施し、
施設の概要等についてPDFにまとめましたので、ぜひご活用ください。
 ※掲載している施設様より公開することの許可を頂いております。
次へ 最終 p. 1/3
既定
日付 検索
福祉・介護