本文
サイトの現在位置
2020年10月26日 更新 印刷用ページ印刷用ページを開く
【令和3年度】新型コロナウイルス感染症の影響に伴う固定資産税の減免
新型コロナウイルス感染症の影響により、売上が減少している中小事業者等への税負担を軽減するため、
事業用家屋に対する固定資産税と、償却資産に対する固定資産税を、令和3年度分に限り減免します。

【減免対象】

・事業用家屋に対する固定資産税
・償却資産に対する固定資産税
※土地については、減免の対象となりません。

【対象者】

令和2年2月から10月までの連続する任意の3ヶ月の事業収入が、前年同期と比べ30%以上減少している中小事業者等(法人・個人)

中小事業者等とは
1、資本金の額又は出資金の額が1億円以下の法人(※大企業の子会社等は対象外)
2、資本金又は出資金を有しない法人のうち、常時使用する従業員数が1,000人以下の法人
3、常時使用する従業員数が1,000人以下の個人

【減免割合】

令和2年2月~10月の連続する任意の3ヶ月の事業収入が前年同期比
・30%以上50%未満の場合は、2分の1
・50%以上の場合は、全額

【申請手続き】

 減免措置を受けるためには、事前に添付ファイルの申告書に、認定経営革新等支援機関等(税理士、公認会計士、商工会議所等)の
確認を受け、令和3年1月4日から令和3年2月1日までに必要書類とともに税務課に提出して下さい。

【添付書類】

 収入減を証する書類(会計帳簿や青色申告決算書の写しなど、不動産賃料を猶予したことにより、特例適用要件を満たす不動産賃貸業者にあっては、猶予の期間等を確認できる書類も必要。)
・特例対象家屋の事業割合を示す書類(青色申告決算書など)

【関連情報】

 中小企業庁:固定資産税の減免申請の概要・適用手続について・Q&A集・認定経営革新等支援機関一覧 等(外部リンク)

PDFファイルはこちら
申告書 様式
ファイルサイズ:181KB
申告書 様式 記入例
ファイルサイズ:215KB
Adobe Readerを入手する
ダウンロードファイルはこちら
申告書
ファイルサイズ:32KB
掲載内容に関するお問い合わせはこちら
税務課
説明:市税・国民健康保険税の賦課・収納、固定資産税の評価など
住所:647-8555 和歌山県新宮市春日1番1号
TEL:0735-23-3343