本文
2022年2月24日 更新 印刷用ページ印刷用ページを開く
新型コロナウイルス感染症に係る誹謗中傷等は許しません!!

 新型コロナウイルス感染症に関連して、感染された方、治療にあたられている医療関係者、その家族などに対する差別やいじめ、誹謗中傷等の人権侵害は決して許されません。

 新型コロナウイルス感染症の感染者の急増に伴い、感染者やその家族、医療従事者等に対するデマや誹謗中傷が発生しています。新型コロナウイルス感染症に感染したくないという不安な気持ちから、感染症に関わる人を遠ざけたいという心理による行動と思われますが、誹謗中傷等はいかなる理由があっても許されません。
 和歌山県では、いかなる理由があっても誹謗中傷等は許さないという思いから、「和歌山県新型コロナウイルス感染症に係る誹謗中傷等対策に関する条例」を令和2年12月24日から施行しています。
 噂、デマ等の不確かな情報に惑わされることなく、国、地方公共団体が提供している正確な情報に基づいた冷静な判断をお願いします。
 また、新型コロナウイルス感染症に関連する不当な偏見、差別、いじめ等の被害に遭った方からの人権相談を受け付けています。ひとりで悩まず、ご相談してください。


人権相談窓口

〇みんなの人権110番(法務省)   電話:0570-003-110
 
〇コロナ差別相談ダイヤル(和歌山県) 電話:073-441-2563

〇新宮市人権政策課          電話:0735-23-3359

掲載内容に関するお問い合わせはこちら
人権政策課
説明:市民・企業・職員の人権啓発、人権尊重委員会など
住所:647-8555 和歌山県新宮市春日1番1号
TEL:0735-23-3359