本文
2020年3月31日 更新 印刷用ページ印刷用ページを開く
消毒用アルコールの安全な取り扱いを!!

消毒用アルコールの安全な取り扱いを!!

新型コロナウイルス感染症の発生に伴い、手指消毒用として消毒用アルコールを使用する機会が増えています。
消毒用アルコールは、危険物第4類アルコール類に該当するものもあります。
危険物に該当する場合は、消毒用アルコールの容器に危険物である旨の表示がされています。

消毒用アルコールを使用するなら、火のないところで!!

消毒用アルコールのイラスト

消毒用アルコールから発生する可燃性蒸気は、空気より重く引火しやすい危険性があります。

適正な管理を!!

危険物に該当する消毒用アルコールの貯蔵、取り扱いの主な注意事項は、次のとおりです。

 ○ 消毒用アルコールを貯蔵、取り扱う場所では、火気を使用してはいけません。

 ○ 消毒用アルコールの容器への詰め替えは、通風性の良い場所や換気が行われている場所で実施しましょう。

 ○ 可燃性蒸気を発生させないため、密閉した室内で多量の消毒用アルコールの噴霧は避けましょう。

 ○ 消毒用アルコールの容器を設置、保管する場所は、直射日光や高温になる場所を避けましょう。

 ○ 消毒用アルコールを貯蔵、取り扱う場所は、常に整理整頓を心掛けて下さい。

予防課からのお願い!!

消毒用アルコールを小分けして別の容器に詰めて使用する
機会が増えています。
詰め替えた容器にも「消毒用アルコール・火気厳禁」等の
注意事項の記載をお願い致します。

注意喚起のイラスト
掲載内容に関するお問い合わせはこちら
消防本部
説明:消防、救急、火災予防、消防団など
住所:647-0081 和歌山県新宮市新宮5036番地の3
TEL:0735-21-0119